教会紹介

園内イメージ

教会紹介

日曜日の朝、救い主イエス・キリストは復活されました。教会はキリストの復活をお祝いして、日曜日の朝に礼拝をしています。本教会は改革長老派の伝統に立つ教会です。
教会には、様々な年齢の方や、育った環境も異なる人々が集っています。クリスチャンホームに生まれた人、子どもの頃から教会学校で育った人、そして、大人になって家族や友人に招かれて来た人もいます。皆が、キリストを救い主と信じ、主の恵みに感謝して礼拝を捧げ共に歩んでいます。

年間行事

行事
1月 元旦礼拝
2月 ーーー
3月 こひつじ園卒園式
4月 こひつじ園入園式
イースター礼拝
5月 母の日礼拝
ペンテコステ礼拝
6月 こどもの日(花の日)合同礼拝
春の婦人伝道礼拝
春の墓前礼拝
7月 幼稚科一日夏期聖書学校
8月 夏期聖書学校
9月 振起日全体礼拝
敬老交歓会
教会全体運動会
秋の婦人伝道集会
10月 ーーー
11月 バザー
逝去者記念礼拝・墓前礼拝
収穫感謝日合同礼拝
12月 茨木四教会合同キャロリング
クリスマス礼拝

茨木東教会の歩み

茨木東教会は、日本基督教団に所属し、茨木教会の伝道所としてスタートした長老主義改革派の教会です。
兄弟教会として千里丘教会(1957年10月設立)、茨木春日丘教会(1972年4月設立)があり、親教会である茨木教会と共に四教会連携を保ちつつキリスト教会の業を行っています。
ゲストルーム18名の教会員でスタートした茨木東伝道所は、教会堂を建替え、慰めの教会となるために希望を持って歩んでいます。

1950年(昭和25年)3月:日本基督教団茨木教会日曜学校東分校開設。
1959年(昭和34年)4月:日本基督教団茨木教会教会学校茨木東分校再開。
1962年(昭和37年)4月:東分校にて毎月第2,4主日に成人礼拝を守る事を決定。
1963年(昭和38年)4月:現在地にて日本基督教団茨木伝道所として母教会、
            茨木教会より独立。
1966年(昭和41年)6月:宗教法人「日本基督教団茨木東教会」設立を公告。
1967年(昭和42年)11月:教会堂完成。
1973年(昭和48年)10月:茨木東教会「十年史」発行。
1977年(昭和52年)11月:こひつじ園開園。教会の業としての3歳児に対する
            幼児教育を目的としてスタート。
1984年(昭和59年)4月:茨木東教会「二十年史」発行。
2003年(平成15年)4月:教会四十周年を迎える。
2012年(平成24年)9月:新会堂完成。

この間に四名の牧師及び1名のキリスト教教育主事を招聘しています。牧師は全て東京神学大学出身者です。
1963年4月~1988年3月:小枝勲彦牧師
1988年4月~1993年3月:菅生昌利牧師
1993年4月~2012年3月:下村邦夫牧師
2002年4月~     :筧伸子教育主事
2012年4月~     :正田篤牧師